こんな事に困っていませんか?

  1. CASE 01ライターから納品された記事をもっと
    効率的にチェックし自社の記事収集ツールに
    コピペチェックした結果を表示させたい!

    著作権問題や検索エンジン施策(SEO)をクリアした記事の収集が顧客からのニーズとして増えてきているが、対応する為にはライターから納品された記事のコピペチェックをしっかりとしなきゃいけない。しかしコピペチェックツールの開発にはノウハウが必要で自社開発するのは中々難しい。もっと効率的にチェックして結果を取得する事が出来れば業務が今以上に進むのに・・・

  2. CASE 02コピペチェックにかかる
    待機時間を短縮したい!

    1日の利用回数や文字数の制限は無いけど、コピペチェックが完了するのに待機時間があるから、もっと短縮して結果を早く知ることが出来ないだろうか。結果を早く見る事が出来たら記事の修正依頼が早く出来るようになり、他の記事に早く取り掛かる事が出来るのに・・・

  3. CASE 03今使っているコピペチェックツールの
    料金をコストダウンしたい!

    API利用できるツールが他に無かったから当時のツールを使っているけど、利用量と価格が見合っていないと思う。今の案件規模に見合った料金で同じか、それ以上の性能のコピペチェックツールに切り替えたいけど他に良いツールが見当たらないな・・・

CCDはそんな課題を解決するクラウドチェックツールです。

  • APIを活用して効率的に
    コピペチェック

    API機能を活用すると、システム連動でチェックしたい記事を自動でCCDに送る事ができ、CCDが分析している結果をAPIで取得する事もできるので、高性能なコピペチェック機能を開発しなくても自社ツールに表示させることが出来ます!

  • 専有サーバーで
    待ち時間ゼロ

    エージェンシープランは専用サーバーで稼働するので他のユーザーのコピペチェックを待つ必要が有りません。そのためコピペチェックの待ち時間は圧倒的に短くなります。その他の有料プランも無料ユーザーとは別のサーバーなので待ち時間は短縮されます。

  • 月額1万円以下で
    API利用が可能

    API機能の利用は数万円から。と言うのが他社ツールでも多いと思いますが、CCDは1万円以下でAPI機能を利用する事が出来ます。しかも1万円以下なのに月間25万文字のチェックに対応!

  • 高性能な
    コピペチェックツール

    SEOを事業として行っている弊社のノウハウから類似度判定、一致率判定、テキスト間判定など3つの視点からコピペチェックが出来る精度の高い分析がCCDの強みです。重複コンテンツは必ず検出してお知らせいたします。

  • クロール判定で
    更に細かく分析

    クロール判定機能は重複の可能性があるウェブページのテキストデータを全て取得し名詞、動詞、形容詞などに分解。単語や文字列での重複(コピー)が発生しているのか細かく分析する事が出来る機能でコピペチェックを更に確実なものにします。

  • 簡易文章校正機能で
    記事校正をアシスト

    CCDには簡易文字校正機能を搭載しています。誤字脱字や誤用、表記の揺れなどもチェックする事が出来るのでライターが納品した記事の文章校正をアシストする事ができます。

料金プラン

  • 無料共有サーバー

    無料プラン

    0/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間あり

    • 1回の文字数上限

      最大4000文字まで

    • API利用不可

    • Wordファイル非対応

      ブラウザから登録時

    • メールサポートなし

    • 電話サポートなし

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 有料共有サーバー

    ライトプラン

    9,980/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間軽減

    • 1回の文字数上限

      最大8000文字まで

    • API利用回数

      月間25万文字
      65回/1日

    • Wordファイル対応

      ブラウザから登録時

    • メールサポート

    • 電話サポートなし

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 有料共有サーバー

    スタンダードプラン

    29,800/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間軽減

    • 1回の文字数上限

      最大8000文字まで

    • API利用回数

      月間150万文字
      400回/1日

    • Wordファイル対応

      ブラウザから登録時

    • メールサポート

    • 電話サポート

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 有料共有サーバー

    アドバンスドプラン

    50,000/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間軽減

    • 1回の文字数上限

      最大8000文字まで

    • API利用回数

      月間600万文字
      800回/1日

    • Wordファイル対応

      ブラウザから登録時

    • メールサポート

    • 電話サポート

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 専用サーバー

    エージェンシープラン

    100,000/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間なし

    • 1回の文字数上限

      無制限

    • API利用回数

      月間3000万文字
      5000回/1日

    • Wordファイル対応

      ブラウザから登録時

    • メールサポート

    • 電話サポート

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用可

    • 専用サーバー運営

1文字単位で計算するので無駄がありません

半端な文字数でも大丈夫

コピペチェックツールは1ポイント1000文字の料金システムが多く、1001文字でも1999文字でも2000文字分の消費になってしまう事があります。
使っていていつのまにか想定していた使用文字数より減っていたなんてことも少なくありません。

CCDは1文字単位で消費するので、
細かい端数を気にせずに安心して
無駄なく使うことができます。

CCDは唯一無二の性能をもったチェックツールです。

1万円以下でAPI機能も使える
高性能コピペチェックツール!

1万円以下の価格で月間25万文字のAPIチェックが出来るコピペチェックツールは業界でもCCDだけです。さらに類似判定や一致率判定、テキスト間判定などの3つの視点に付け加えて、重複の可能性があるサイトデータを名詞、動詞、形容詞などに分解して細かく分析するクロール判定まで搭載している高性能コピペチェックツールはCCD以外に存在していません。

そんな、業界でも高性能なコピペチェックツールをAPI機能の活用をする事で
自社のツールに簡単に取り込む事が出来ます。
自社でAPI機能の取込みや開発が出来ない企業様には弊社がプラットフォームをご用意する事も可能です。
まずはお気軽にお問合せください。