こんな事に困っていませんか?

  1. CASE 01ライターから納品された記事をもっと
    効率的にチェックし自社の記事収集ツールに
    コピペチェックした結果を表示させたい!

    著作権問題や検索エンジン施策(SEO)をクリアした記事の収集が顧客からのニーズとして増えてきているが、対応する為にはライターから納品された記事のコピペチェックをしっかりとしなきゃいけない。しかしコピペチェックツールの開発にはノウハウが必要で自社開発するのは中々難しい。もっと効率的にチェックして結果を取得する事が出来れば業務が今以上に進むのに・・・

  2. CASE 02コピペチェックにかかる
    待機時間を短縮したい!

    1日の利用回数や文字数の制限は無いけど、コピペチェックが完了するのに待機時間があるから、もっと短縮して結果を早く知ることが出来ないだろうか。結果を早く見る事が出来たら記事の修正依頼が早く出来るようになり、他の記事に早く取り掛かる事が出来るのに・・・

  3. CASE 03今使っているコピペチェックツールの
    料金をコストダウンしたい!

    API利用できるツールが他に無かったから当時のツールを使っているけど、利用量と価格が見合っていないと思う。今の案件規模に見合った料金で同じか、それ以上の性能のコピペチェックツールに切り替えたいけど他に良いツールが見当たらないな・・・

CCDはそんな課題を解決するクラウドチェックツールです。

  • APIを活用して効率的に
    コピペチェック

    API機能を活用すると、システム連動でチェックしたい記事を自動でCCDに送る事ができ、CCDが分析している結果をAPIで取得する事もできるので、高性能なコピペチェック機能を開発しなくても自社ツールに表示させることが出来ます!

  • 専有サーバーで
    待ち時間ゼロ

    エージェンシープランは専用サーバーで稼働するので他のユーザーのコピペチェックを待つ必要が有りません。そのためコピペチェックの待ち時間は圧倒的に短くなります。その他の有料プランも無料ユーザーとは別のサーバーなので待ち時間は短縮されます。

  • 月額1万円以下で
    API利用が可能

    API機能の利用は数万円から。と言うのが他社ツールでも多いと思いますが、CCDは1万円以下でAPI機能を利用する事が出来ます。しかも1万円以下なのに月間25万文字のチェックに対応!

  • 高性能な
    コピペチェックツール

    SEOを事業として行っている弊社のノウハウから類似度判定、一致率判定、テキスト間判定など3つの視点からコピペチェックが出来る精度の高い分析がCCDの強みです。重複コンテンツは必ず検出してお知らせいたします。

  • クロール判定で
    更に細かく分析

    クロール判定機能は重複の可能性があるウェブページのテキストデータを全て取得し名詞、動詞、形容詞などに分解。単語や文字列での重複(コピー)が発生しているのか細かく分析する事が出来る機能でコピペチェックを更に確実なものにします。

  • 簡易文章校正機能で
    記事校正をアシスト

    CCDには簡易文字校正機能を搭載しています。誤字脱字や誤用、表記の揺れなどもチェックする事が出来るのでライターが納品した記事の文章校正をアシストする事ができます。

料金プラン

  • 無料共有サーバー

    無料プラン

    0/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間あり

    • 1回の文字数上限

      最大4000文字まで

    • API利用不可

    • メールサポートなし

    • 電話サポートなし

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 有料共有サーバー

    ライトプラン

    9,980/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間軽減

    • 1回の文字数上限

      最大8000文字まで

    • API利用回数

      月間25万文字
      65回/1日

    • メールサポート

    • 電話サポートなし

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 有料共有サーバー

    スタンダードプラン

    29,800/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間軽減

    • 1回の文字数上限

      最大8000文字まで

    • API利用回数

      月間150万文字
      400回/1日

    • メールサポート

    • 電話サポート

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 有料共有サーバー

    アドバンスドプラン

    50,000/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間軽減

    • 1回の文字数上限

      最大8000文字まで

    • API利用回数

      月間600万文字
      800回/1日

    • メールサポート

    • 電話サポート

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用不可

    • 専用サーバー運営なし

  • 専用サーバー

    エージェンシープラン

    100,000/月

    • 記事チェック待機時間

      待機時間なし

    • 1回の文字数上限

      無制限

    • API利用回数

      月間3000万文字
      5000回/1日

    • メールサポート

    • 電話サポート

    • コピーサイト検出機能

      自社サイトコンテンツの盗用発見ツール使用可

    • 専用サーバー運営

CCDは唯一無二の性能をもったチェックツールです。

1万円以下でAPI機能も使える
高性能コピペチェックツール!

1万円以下の価格で月間25万文字のAPIチェックが出来るコピペチェックツールは業界でもCCDだけです。さらに類似判定や一致率判定、テキスト間判定などの3つの視点に付け加えて、重複の可能性があるサイトデータを名詞、動詞、形容詞などに分解して細かく分析するクロール判定まで搭載している高性能コピペチェックツールはCCD以外に存在していません。

そんな、業界でも高性能なコピペチェックツールをAPI機能の活用をする事で
自社のツールに簡単に取り込む事が出来ます。
自社でAPI機能の取込みや開発が出来ない企業様には弊社がプラットフォームをご用意する事も可能です。
まずはお気軽にお問合せください。

API仕様書はこちらからご確認いただけます。

お問い合わせ

下記のフォームへ必要事項をご記入の上、お送りください。折り返し担当者よりご連絡させていただきます。

  • お名前必須
  • メールアドレス必須
  • お電話番号
  • 会社名必須
  • 部署名
  • お問い合わせ内容必須

プライバシーポリシーにご同意の上、確認ボタンを押してください。

プライバシーポリシー

株式会社ウェブサークル(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

  1. 第1条(プライバシー情報)

    1.プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

    2.プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品、ご覧になったページや広告の履歴、ユーザーが検索された検索キーワード、ご利用日時、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、ユーザーのIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。

  2. 第2条(プライバシー情報の収集方法)

    1.当社は、ユーザーが利用登録をする際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や、決済に関する情報を当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下、「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

    2.当社は、ユーザーについて、利用したサービスやソフトウエア、購入した商品、閲覧したページや広告の履歴、検索した検索キーワード、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含みます)、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を、ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。

  3. 第3条(個人情報を収集・利用する目的)

    当社が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。
    (1)ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正、利用状況の閲覧を行っていただくために、氏名、住所、連絡先、支払方法などの登録情報、利用されたサービスや購入された商品、およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的
    (2)ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため、氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
    (3)ユーザーの本人確認を行うために、氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号、配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的
    (4)ユーザーに代金を請求するために、購入された商品名や数量、利用されたサービスの種類や期間、回数、請求金額、氏名、住所、銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的
    (5)ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために、当社に登録されている情報を入力画面に表示させたり、ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的
    (6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本サービスの利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために、利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
    (7)ユーザーからのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、ユーザーのサービス利用状況、連絡先情報などを利用する目的
    (8)上記の利用目的に付随する目的

  4. 第4条(個人情報の第三者提供)

    1.当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    (1)法令に基づく場合
    (2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    (4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    (5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
    ⅰ利用目的に第三者への提供を含むこと
    ⅱ第三者に提供されるデータの項目
    ⅲ第三者への提供の手段または方法
    ⅳ本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること

    2.前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。
    (1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    (3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき

  5. 第5条(個人情報の開示)

    1.当社は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお、個人情報の開示に際しては、1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
    (1)本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    (2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    (3)その他法令に違反することとなる場合

    2.前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

  6. 第6条(個人情報の訂正および削除)

    1.ユーザーは、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。

    2.当社は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正または削除を行い、これをユーザーに通知します。

  7. 第7条(個人情報の利用停止等)

    当社は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

  8. 第8条(プライバシーポリシーの変更)

    1.本ポリシーの内容は、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。

    2.当社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

  9. 第9条(お問い合わせ窓口)

    本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。
    住所:東京都渋谷区渋谷3-16-5 SHOKAIビル5F
    社名:株式会社ウェブサークル
    担当部署:SEM事業部
    Eメールアドレス:info@webcircle.jp

以上