こんな事に困っていませんか?

  1. CASE 01大量の文章を一度に
    チェックしたい

    10件20件なら無料でも十分だけど、100件以上の記事を一気にチェックしたい。1記事の文字数も4000文字以上だから2回に分ける必要があって手間がかかる…

  2. CASE 02複数サイトからのツギハギ

    複数サイトの文章をツギハギして作られたコンテンツを見つけたい
    複数サイトから少しずつ文章をコピーして作られたコンテンツを見つけるのに時間がかかってしまう。もっと素早く発見したい…

  3. CASE 03今使っているコピペチェックツールの
    料金をコストダウンしたい!

    API利用できるツールが他に無かったから当時のツールを使っているけど、利用量と価格が見合っていないと思う。今の案件規模に見合った料金で同じか、それ以上の性能のコピペチェックツールに切り替えたいけど他に良いツールが見当たらないな…

CCDはそんな課題を解決するクラウドチェックツールです。

充実の機能&特徴

  • 8000文字までチェック
    可能!長い文章も安心

    有料プランは1回8000文字までOK!長い文章もそのままチェック。

  • APIを活用して効率的に
    コピペチェック

    システムとAPIで連動させることで、自社ツールにチェック機能を搭載可能!

  • 専有サーバーで
    待ち時間ゼロ

    エージェンシープランなら専用のサーバーを1ユーザーで利用!他ユーザーの待ちがなくなります。

  • 月額1万円以下で
    API利用が可能

    他社ツールでは数万円からが多いAPIも、CCDなら1万円以下で25万文字!

  • クロール判定で
    更に細かく分析

    重複の可能性があるページのテキストを全て取得して、より細かく分析可能!

  • 簡易文章校正機能で
    記事校正をアシスト

    コピペチェックだけでなく、誤字脱字や誤用、表記ゆれも確認できる!

特許取得の判定基準「混成一致率判定」で
キメラコンテンツを素早く発見!

「複数のサイトからコンテンツを寄せ集めて作成した文章」の総称をキメラコンテンツといいます。 「混成一致率判定」を使うことで、複数サイトからコピペをして作られた「キメラコンテンツ」を発見することが可能です。 「キメラコンテンツ」は「複数の情報を調査し、内容を独自にまとめたコンテンツ」とは異なり「複数のサイトからコピーして繋ぎ合わせたコンテンツ」ですので「オリジナリティ」のない文章という判断がされやすくなります。 CopyContentDetectorなら「丸ごとコピーしたコンテンツ」だけでなく、この「キメラコンテンツ」も素早く検知します。

シーンに合わせた活用方法

  • 数値化された判定結果で
    チェックのマニュアルを
    分かりやすく!

  • クラウドだから
    離れた拠点のスタッフでも
    簡単に使える!

    利用者数制限なし

  • APIを使って
    社内ツールに連携が可能。
    記事もコピペチェックも
    一元管理!

料金プラン

    • 月間文字数
      (API利用)

    • API利用回数
      (1日)

    • ブラウザからの
      チェック回数

    • CSV・TEXT登録数
      (1日)

    • メール・電話

    • Wordpress
      プラグイン対応

    • 複数ドメイン
      除外機能

    • CSV一括登録時
      ドメイン除外機能

    • Wordファイル対応

    • 混成一致率
      判定搭載

  • 無料共有サーバー

    無料プラン

    0/月

    • 0

    • -

    • 無制限

    • 30

    • なし

    • 0

    • -

    • 無制限

    • 30

    • なし

  • 有料共有サーバー

    ライトプラン

    9,980/月

    • 25万文字

    • 650回

    • 無制限

    • 1000

    • メールサポート

  • 有料共有サーバー

    スタンダードプラン

    29,800/月

    • 150万文字

    • 4000回

    • 無制限

    • 2000

    • メールサポート

  • 有料共有サーバー

    アドバンスドプラン

    50,000/月

    • 600万文字

    • 8000回

    • 無制限

    • 5000

    • メール電話サポート

  • 専用サーバー

    エージェンシープラン

    100,000/月

    • 3000万文字

    • 50000回

    • 無制限

    • 無制限

    • メール電話サポート

※月額料金は税別表記です。
※エージェンシープランのご使用時には初期費用100,000円が別途かかります。
※契約形態:初回六カ月契約、その後一ヶ月更新
※文字数追加オプションあり。3000万文字以上のご利用もお気軽にご相談ください。

Wordpressプラグインプランはこちら

API利用回数を10倍にしました!

より快適にお使い頂く為、サーバー設備の増強を行い、API回数を従来の10倍に大幅増量。チェックが集中して件数が多い日があっても安心してお使い頂けるようになりました。

スタンダードプラン
ご利用の場合

従来

1日130件のチェックと
結果の取得

今後

1日1300件のチェックと
結果の取得

他社コピペチェックツールとの比較

    • 料金

    • 利用PC台数制限

    • 利用環境

    • 利用回数制限

    • API対応

    • Wordpressプラグイン

    • 簡易文章校正

    • 混成一致率判定

    • 119,760円/年

    • オンライン

    • (ブラウザからの利用)

  • 他社ツールA

    • 132,000円/年

    • インストール型

    • 132,000円/年

    • インストール型

  • 他社ツールB

    • 1,300,000円/年

    • オンライン

    • 1,300,000円/年

    • オンライン

1文字単位で計算するので無駄がありません

半端な文字数でも大丈夫

コピペチェックツールは1ポイント1000文字の料金システムが多く、1001文字でも1999文字でも2000文字分の消費になってしまう事があります。
使っていていつのまにか想定していた使用文字数より減っていたなんてことも少なくありません。

CCDは1文字単位で消費するので、
細かい端数を気にせずに安心して
無駄なく使うことができます。

CCDは業界初の特許を取得した高性能チェックツールです。

大手企業導入実績もある
唯一無二のチェックツール!

CCDはクラウド型コピペチェックツールとしては日本初の特許を取得した
「混成一致率判定」を搭載*1。
これは「検索対象の文章の分割方法を形態素解析により行い、URLの一覧を一致率が高い順に表示し、かつ「混成一致率」を表示したもの」に関わる発明です。
複数サイトから少しずつコピーしてきたコンテンツ『キメラコンテンツ』(※商標出願中)の発見が容易となる判定基準で、これまで見逃していたコピーコンテンツの発見や、コピペチェックの効率化に寄与するこの機能は、大手上場企業様にもご利用頂いております。
*1特願<2019-139293>

多機能&高性能かつ低価格を実現

混成一致率だけでなく、類似判定や一致率判定、テキスト間判定の3つの視点に加え、重複の可能性があるサイトデータを名詞、動詞、形容詞などに分解して細かく分析するクロール判定まで搭載。これだけの機能を備えながら、
1万円以下の価格で月間25万文字のAPIチェックが出来るコピペチェックツールは
業界でもCCDだけです。

そんな、業界でも高性能なコピペチェックツールをAPI機能の活用をする事で
自社のツールに簡単に取り込む事が出来ます。
自社でAPI機能の取込みや開発が出来ない企業様には弊社がプラットフォームをご用意する事も可能です。
まずはお気軽にお問合せください。

導入実績

導入企業
導入企業
導入企業
導入企業
導入企業
導入企業