CopyContentDetector利用規約

CopyContentDetector利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ウェブサークル(以下「当社」といいます。)が運営するCopyContentDetector(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用される方(以下「利用者」といいます。)に適用されます。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意をしていただく必要があります。

第1条(適用範囲)
1.利用者は、本規約に同意することにより、本サービスを利用することができます。なお、本サービスのうち、無償で提供している部分については、本サービスを利用することで本規約に有効かつ取消不能な同意したものとみなします。
2.当社がウェブサイト上で掲載する本サービスの利用方法等に関する記載は、本規約の一部を構成するものとします。
3.本規約の内容と、前項の記載が異なる場合は、本契約の規定が優先して適用されます。
4.利用者が未成年者である場合は、親権者又は未成年者代理人の同意を得た上で、本サービスを利用するものとします。利用者が、本サービスを利用した場合には、親権者又は未成年者代理人の同意を得たものとみなします。
5.利用者が事業者である場合は、本契約への同意権限を有する代表者が本規約に同意した上で、本サービスを利用するものとします。

第2条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。
(1)確認対象文章 利用者が類似文章の存在及び類似度の確認対象とする特定の文章をいい、テキスト判定を行う文章を含むものとします。
(2)コピーチェック 確認対象文章と比較対照する文章の類似度の確認を行うことまたはその結果をいいます。「コピペチェック」とも表示します。
(3)コピペチェック結果 コピーチェックの確認結果をいいます。類似度、一致率それぞれについて、「コピーの疑い」「要注意」「良好」のステータス表示を行います。
(4)登録希望者 本サービスの利用登録を申請するものをいいます。
(5)登録ユーザ 本サービスの利用登録をしたユーザをいいます。
(6)利用者 本サービスを利用される方で、登録ユーザ及び有償プランに申し込んだものを含みます。

第3条(規約の変更)
1.当社は、当社が必要と判断する場合、いつでも本規約の内容を変更できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サービス内又は当社が運営するウェブサイト内において掲示します。
2.変更後の規約は前項に基づき掲示された時点からその効力を生じるものとし、利用者は、規約変更後も本サービスを利用することにより、変更後の本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

第4条(本サービスの内容)
1.本サービスは、確認対象文章が、インターネット上における文章または利用者が指定する文章との間でコピーチェックを行い、その他文章校正等を行うものです。
2.当社は、いつでも本サービスの内容について、変更を行い、全部又は一部の提供の停止(以下「変更等」といいます。)を行うことができるものとします。当該変更等により利用者が被る不利益については、当社は何ら賠償する責任を負わないものとします。なお、有償プランに申し込んだものに対しては、当該変更等が合理的な範囲を超えて不利益を及ぼす場合、事前に告知するものとします。

第5条(サービス提供条件)
1.利用者は、本サービスを利用するに当たり、必要な端末、通信器機、電力等を利用者の責任と負担で用意するものとします。
2.当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本サービスの全部又は一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。

第6条(ユーザ登録)
1.利用者は、ユーザ登録を行うことで、Cookieに依存せず、本サービスを複数の端末で利用可能になります。また、Cookieが消えた際にもコピペチェック結果を保持することが可能になります。
2.登録希望者は、当社所定の登録事項を当社に対して提供することで本サービスの利用登録を申請し、当社がこれを承認することにより、登録ユーザとなります。
3.登録希望者は、前項の登録事項について、真実、正確かつ完全な情報を登録するものとし、登録事項に変更があった場合、遅滞なく最新の情報を当社に通知するものとします。かかる通知が遅れたことにより、利用者に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。
4.当社は、第1項の申込みについて、当社が定める基準に従い審査をし、これを承諾する場合、その旨を当該利用者に通知します。
5.当社は、登録希望者が次の各号のいずれかの事由に該当する場合、登録希望を承認しない場合があり、その理由について一切開示義務を負わないものとします。
(1)登録希望者が、当社に対して提供した登録事項の全部又は一部につき、虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(2)登録希望者が未成年者、成年被後見人、保佐人又は補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意を得ていなかった場合
(3)登録希望者が暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、これらでなくなってから5年を経過しない者その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力等」といいます。)、若しくは、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営、経営に協力その他関与する等反社会的勢力等と何らかの交流又は関与を行っていると当社が判断した場合
(4)登録希望者が過去に当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合
(5)第11条に定める措置を受けたことがある場合
(6)その他当社が登録を適当でないと判断した場合

第7条(ユーザID及びパスワードの管理)
1.登録ユーザは、自己の責任において、本サービスのユーザID及びパスワードを厳重に管理するものとします。
2.登録ユーザは、いかなる場合にもユーザID及びパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。
3.当社は、登録されたID及びパスワードを利用して行われた一切の行為を、登録ユーザ自身の行為とみなし、登録ユーザはこれを承諾するものとします。

第8条(有償プラン)
1.有償プランに申込みをする利用者(以下「有償プラン申込者」といいます。)は、利用者は、本規約に同意し、かつ当社の定める利用者に関する一定の情報(以下「登録事項」といいます。)を、当社所定の申込書に記載して当社に提供するものとします。
2.有償プラン申込者は、前項の登録事項について、真実、正確かつ完全な情報を登録するものとし、登録事項に変更があった場合、遅滞なく最新の情報を当社に通知するものとします。かかる通知が遅れたことにより、利用者に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。
3.当社は、第1項の申込みについて、当社が定める基準に従い審査をし、これを承諾する場合、その旨及びポストキーを発行し、これらを当該有償プラン申込者に通知します。かかる通知により、当該利用者は、有償プランの利用が可能になります。
4.当社は、有償プラン申込者が次の各号のいずれかの事由に該当する場合、申込みを承諾しない場合があり、その理由について一切開示義務を負わないものとします。
(1)有償プラン申込者が、当社に対して提供した登録事項の全部又は一部につき、虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(2)有償プラン申込者が未成年者、成年被後見人、保佐人又は補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意を得ていなかった場合
(3)有償プラン申込者が、暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、これらでなくなってから5年を経過しない者その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力等」といいます。)、若しくは、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営、経営に協力その他関与する等反社会的勢力等と何らかの交流又は関与を行っていると当社が判断した場合
(4)有償プラン申込者が過去に当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合
(5)第11条に定める措置を受けたことがある場合
(6)その他当社が承諾を適当でないと判断した場合

第9条(利用料の支払い及び遅延損害金)
1.有償プランに登録が認められたものは、申込時に同意した利用料を、当社所定の手続に従い、当社に対して支払うものとします。
2.前項の支払いを遅滞した場合、年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第10条(利用者の義務)
1.利用者は、確認対象文章について、自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか、または必要な権利者の許諾を得た文章のみ、本サービスを利用し、投稿することができるものとします。利用者が、本サービスに対して、著作権法に違反する文章を確認対象文章として利用したとしても、当社は一切の責任を負いません。
2.本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属し、利用者は無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます。)、伝送、配布、出版、営業使用等をしてはならないものとします。

第11条(広告表示)
当社は本サービスに当社又は第三者の広告を掲載することができるものとします。ただし、当社は、第三者の広告について、当該広告のリンク先のサービスやコンテンツの信頼性、正確性、有用性、合法性、及び著作権の許諾の有無その他一切の内容について責任を負いません。

第12条(禁止事項)
利用者は、本サービスの利用に当たり、次に掲げる行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(4)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)他の利用者に関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他の利用者に成りすます行為
(7)当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)当社または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為
(9)本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
(10)直接又は間接的に金銭を得る目的で第三者に本サービスを利用させる行為
(11)その他当社が不適切と判断する行為

第13条(利用停止等)
1.当社は、以下の場合には、事前の通知なく、コピペチェック結果のログを削除し、利用者に対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、登録ユーザ又は有料プラン利用者としての登録の承諾の取消し、登録の抹消をすることができるものとします。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始または特別清算その他の破産手続の申立てがなされたとき
(4)1年間以上本サービスの利用がない場合
(5)当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
(6)前条各号に該当する場合
(7)その他当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
2.前項各号のいずれかに該当した場合、利用者は、当然に当社に対する一切の債務について期限の利益を失い、その時点において負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。
3.当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第14条(本サービスの提供の停止等)
1.当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
2.当社は、本サービスの提供の停止または中断により、利用者または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第15条(不保証及び免責)
1.本サービスは、確認対象となった文章と、インターネット上の文章または利用者が指定する文章との間の類似度を、本サービスの定める基準により判断するものであり、参照されるインターネット上の文章の範囲は、網羅的なものではなく、クロールが可能な範囲に限定されます。また、確認結果について、正確性、信頼性、有用性、完全性または著作権侵害の有無について何らの保証をするものではありません。
2.当社は、利用者が本サービスによる確認結果を信頼したことによって生じた損害について、何らの損害賠償責任を負いません。また、確認対象の文章について、利用者と第三者との間で紛争が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
3.当社は、有償プランを除き、本サービス上における確認対象文章の入力及び確認結果のログの保存について、一切責任を負いません。当社は、検索結果のデータを定期的にデータベースサーバーから削除しており、予告なく保存データを削除することがあります。利用者は、ご自分の全てのコピーチェック結果および検索対象となる文章の維持および保護する責任を負うものとし、当社は責任を負いません。
4.簡易文章校正機能は、当社以外の第三者が提供するサービスのAPIを利用したものであり、当社は、当該APIの利用及びその信頼性、有用性、完全性について何ら保証するものではありません。

第16条(免責)
当社の債務不履行責任は、当社の故意または過失によらない場合には免責されるものとします。なお、利用者との本規約に基づく本サービスの利用に関する契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、上記の免責は適用されないものとし、当社は、当社の故意または重過失に起因する場合を除き、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、有料プランにおいては、代金全額(継続的なサービスの場合は1か月分相当額を上限として損害賠償責任を負うものとします。

第17条(通知または連絡)
当社は、利用者が登録したメールアドレス又はその他の連絡先に連絡することによって、利用者に対して連絡を行うものとし、当該連絡先への発信をもって、利用者に対する意思表示が到達したものとみなします。

第18条(権利義務の譲渡禁止)
利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約上の地位または本契約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第19条(完全合意)
 本規約は、利用者と当社との間の完全な合意であり、本規約に定めのない内容については、当社と別段の書面による合意に基づかない限り、効力を生じないものとします。

第20条(準拠法及び合意管轄)
本規約の準拠法は日本法とします。本サービスに起因又は関連して利用者と当社との間に生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
本契約は、平成29年4月7日から効力を有するものとします。
以上


先頭へ戻る