コピーコンテンツチェックツール

CopyContentDetectorとは

だれでも無料で回数無制限なし、4000文字までコピペチェックができるツールです。

Webからコピーされた文章か、正確に素早く簡単にチェック!

クラウドソーシングで作成した記事のコピペチェック、自社コンテンツの盗用チェック、論文のコピペチェックまで、コピペチェック用途ならなんでも使えます。

登録したテキスト同士のチェックも可能です!

あなたが、過去にCopyContentDetectorでチェックした文章にもコピペチェックを行ってくれます。

4000文字まで、回数無制限で利用できます

面倒な会員登録も不要。CSVでの文章一括登録も可能です。
すべての機能が無料で、しかも回数無制限で利用することができます。

早速使ってみる

CopyContentDetectorの使い方

使い方は簡単。3ステップで使えます。

1.文章を登録する
2.調査完了を待つ
3.結果を確認する

CopyContentDetectorの特徴

3つの特徴を紹介します。

1.待たずに連続登録可能

一つ一つの文章のチェックを待つ必要はなく、どんどん文章を登録することが可能です。一気に登録しておいて、後で確認。ということが可能です。

CSVから文章を一括登録することも可能です。各種クラウドソーシングサービスからダウンロードしたCSVから一括登録することができます。

2.コピーコンテンツチェック結果がひと目で分かる

検知箇所を素早く確認することができます。重複箇所の確認も重複度合いによって色分け表示され、どの文章がコピーされたのか認識できるようになっています。

3.分散処理で高速にチェックできます

サーバ複数台で処理を分散し、高速にチェック処理を行います。調査の時間目安は200文字程度で約5秒、1500文字程度で約30秒、2500文字程度で90秒かかります。