APIのマニュアル

API実行回数について
登録・参照を行うと利用回数が減っていきます。
APIを利用して以下の操作を行うと、利用回数が減っていきます。プランごとの規定回数だけAPIを実行することができます。APIの残り利用回数がなくなると、APIが利用できなくなります。
・文章の登録
・結果の取得(概要、詳細)
					
文章の登録
文章追加エントリポイントにPOSTで登録します。
APIの【文章追加エントリポイント】に対してPOSTを行うと、文章を追加することができます。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => 'APIキー', 'text' => '今日は良い天気ですね。とてもよい天気です。とってもいい天気ですね。でも、午後から天気が悪くなるみたいです。気をつけましょう。', ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/postText' ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 10 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■ドメイン排除オプション

対象のドメインをチェック対象から排除することが出来ます。 postのときに[del_domain]パラメータを追加すると、そのドメインは検索対象から外れます。 $postParamList = [ 'key' => 'APIキー', 'text' => '今日は良い天気ですね。とてもよい天気です。とってもいい天気ですね。でも、午後から天気が悪くなるみたいです。気をつけましょう。', 'del_domain' => 'ccd.supersonico.info', ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/postText' ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 10 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■レスポンス(成功)

以下の様なjson形式で戻ります。成功すると、queue_idに投稿した文章のキーが入ってきます。このqueue_idは結果の問い合わせに必要です。 {"status":1,"queue_id":"27044"}

■レスポンス(エラー)

エラーが発生した場合は、エラーのステータスコードが【status】に入り、messageに内容が記載されて戻って来ます。登録時に、バリデーションに引っかかった場合(文字数が2文字以下、4000文字以上になったなど)の時は、バリデーションの結果が【validate】に入ります。 {"status":103,"error":{"message":"\u767b\u9332\u6642\u306b\u30a8\u30e9\u30fc\u304c\u767a\u751f\u3057\u307e\u3057\u305f\u3002","validate":{"text":["\u30c6\u30ad\u30b9\u30c8\u306f25\u6587\u5b57\u4ee5\u4e0a\u3067\u5165\u529b\u3057\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044"]}}}
テキスト間チェックを無視する方法
追加の際に、指定したIDのテキスト間チェックを無視させることが可能です。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => 'APIキー', 'text' => '今日は良い天気ですね。とてもよい天気です。とってもいい天気ですね。でも、午後から天気が悪くなるみたいです。気をつけましょう。', 'ignore_ids' => [ 48684, 48685, 48686, ], ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/postText' ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 10 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

無視したIDはテキスト間チェックの対象から外れます。

自分の所有しないIDを指定した場合は、無視されます。 また、存在していないIDを指定しても、無視されます。
■言語モードを変更する (2017年7月13日追加)
日本語モード、英語モードをAPIから指定することが出来ます。言語モードを指定しなかったときのデフォルトは「日本語」になります。
english_flgを一緒にPOSTしてください。1を指定すると英語モードに、9を指定すると日本語モードで登録されます。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => 'APIキー', 'text' => '今日は良い天気ですね。とてもよい天気です。とってもいい天気ですね。でも、午後から天気が悪くなるみたいです。気をつけましょう。', 'english_flg' => 1, // 言語モードを指定するときはenglish_flgを追加。 1:英語モード 9:日本語モード 'ignore_ids' => [ 48684, 48685, 48686, ], ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/postText' ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 10 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));
■クロールチェックを省略する (2017年7月13日追加)
クロールチェックを省略することができます。クロールチェックを省略すると、対象サイトにクロールをしてコピペチェックすることを省略します。通常の「類似度」「一致率」「テキスト間チェック」のみ
実行することができます。skip_crawl_checkを一緒にPOSTしてください。0 を指定すると「クロールチェックを実施」、1 を指定すると「クロールチェックを省略」します。
何も指定しない場合は「クロールチェックを実施」になります。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => 'APIキー', 'text' => '今日は良い天気ですね。とてもよい天気です。とってもいい天気ですね。でも、午後から天気が悪くなるみたいです。気をつけましょう。', 'skip_crawl_check' => 1, // 0:実施する 1:クロールチェックを省略 'ignore_ids' => [ 48684, 48685, 48686, ], ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/postText' ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 10 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));
■判定基準を指定する (2017年10月25日追加)
【判定基準設定】で設定した規準を利用してチェックをするように指定することができます。一覧の「ID」の数値を指定するとその規準を利用してチェックを行うことが可能です。
パラメータ「hantei_setting_id」に対してIDを指定します。何も指定しない場合は「デフォルトの規準」でチェックが行われます。一覧にないIDを入力すると、バリデーションエラーのエラーコード「103」が戻ります。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => 'APIキー', 'text' => '今日は良い天気ですね。とてもよい天気です。とってもいい天気ですね。でも、午後から天気が悪くなるみたいです。気をつけましょう。', 'skip_crawl_check' => 1, // 0:実施する 1:クロールチェックを省略 'hantei_setting_id' => 1, // 判定規準IDの設定 'ignore_ids' => [ 48684, 48685, 48686, ], ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/postText' ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 10 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));
結果の取得(結果のみ)
結果のみを取得します
結果の取得は、【結果のみ】と【詳細】の2つが存在します。結果のみはコピペチェックの判断結果のみ取得されます。詳細はどの文章がコピーと判断されたのかまで表示します。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => '【APIキー】', 'queue_id' => 【登録時に取得したqueue_id】, ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/getResult?' . http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 30 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■レスポンス(成功)

以下の様なjson形式で戻ります。成功すると、queue_idのコピーチェック結果が戻ってきます。web_like_infoは類似度判定、web_match_infoは一致率判定、text_match_infoはテキスト間チェック判定となっています。 Array ( [status] => 1 [result_data] => Array ( [web_like_info] => Array // 類似度判定 ( [like_status] => 3 // 結果(3:コピーの疑い 2:要注意 1:良好) [like_percent] => 100 // 率 100に近いほどコピーの疑いが強い ) [web_match_info] => Array // 一致率判定 ( [match_status] => 3 // 結果(3:コピーの疑い 2:要注意 1:良好) [match_percent] => 97 // 率 100に近いほどコピーの疑いが強い ) [text_match_info] => Array // テキスト間チェック判定 ( [text_match_status] => 3 // 結果(3:コピーの疑い 2:要注意 1:良好) [text_match_percent] => 100 // 率 100に近いほどコピーの疑いが強い ) ) )

■レスポンス(エラー)

エラーが発生した場合は、エラーのステータスコードが【status】に入り、messageに内容が記載されて戻って来ます。 Array ( [status] => 200 [error] => Array ( [message] => 取得するキューIDが設定されていません。 ) )
結果の取得(詳細のみ)
詳細を取得します。
結果の取得は、【結果のみ】と【詳細】の2つが存在します。結果のみはコピペチェックの判断結果のみ取得されます。詳細はどの文章がコピーと判断されたのかまで表示します。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => '【APIキー】', 'queue_id' => 【登録時に取得したqueue_id】, ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/getDetail?' . http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 30 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■レスポンス(成功)

以下の様なjson形式で戻ります。成功すると、queue_idのコピーチェック結果が戻ってきます。web_like_infoは類似度判定、web_match_infoは一致率判定、text_match_infoはテキスト間チェック判定となっています。 web_like_listは類似度判定の一覧 web_match_listは一致率判定の一覧 text_match_listはテキスト間チェックの一覧 それぞれ、urlにコピー元のサイトのURL、string_listがどの文字列を使って一致と判定したのか一覧が入ります。 Array ( [status] => 1 [result_data] => Array ( [web_like_list] => Array ( [0] => Array ( [url] => https://ccd.supersonico.info/ [string_list] => Array ( [0] => コピペチェックした結果を見やすくする絞込機能を実装しています [1] => コピーの疑い】【要注意】【良好】のステータスによる絞込から [2] => 登録日付の絞込、ソート機能など [3] => コピーチェックの業務を運用をサポートする便利な機能が揃っています ) [distance_list] => Array // 上記文章に対して編集距離になります。0に近ければ近いほど、「似ている文章が存在した」という判定になります。 ( [0] => 0 [1] => 10 [2] => 13 [3] => 20 ) ) ) [web_match_list] => Array ( [0] => Array ( [url] => https://ccd.supersonico.info/ [percent] => 97 [string_list] => Array ( [0] => ステータス [1] => 見やすく [2] => サポート [3] => チェック [4] => による [5] => コピー [6] => 要注意 [7] => コピペ [8] => ソート [9] => 業務 [10] => 疑い [11] => など ) [sequence_string_count] => 10 //連続して続いた文字数です。ながければ長いほど、「文章をコピペした」と判断できます。 ) ) [text_match_list] => Array ( [0] => Array ( [queue_id] => 27020 [percent] => 100 [string_list] => Array ( [0] => コピペ [1] => 絞込 [2] => 疑い [3] => 要注意 [4] => ステータス [5] => 絞込 [6] => 絞込 [7] => ソート [8] => 業務 ) ) [1] => Array ( [queue_id] => 27019 [percent] => 100 [string_list] => Array ( [0] => コピペ [1] => 絞込 [2] => 疑い [3] => 要注意 [4] => ステータス [5] => 絞込 [6] => 絞込 [7] => ソート [8] => 業務 ) ) ) ) )

■レスポンス(エラー)

エラーが発生した場合は、エラーのステータスコードが【status】に入り、messageに内容が記載されて戻って来ます。 Array ( [status] => 200 [error] => Array ( [message] => 取得するキューIDが設定されていません。 ) )
クロール結果確認
クロール結果を取得します。
クロール結果を戻します。クロールがまだ完了していない時は、エラーが発生します。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => '【APIキー】', 'queue_id' => 【登録時に取得したqueue_id】, ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/getCrawl?' . http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 30 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■レスポンス(成功)

以下の様なjson形式で戻ります。成功すると、クロール結果を「形態素解析して要素に分割した文字列」と登録した文章の「形態素解析の結果」が戻ってきます。 queue_info 登録した文章の情報です。   all_queue_tokenize_text 文章を形態素解析した結果、すべてを戻します。すべて結合すると元の文章になります。   meishi_queue_tokenize_text 登録した文章の中の名詞のみを取得しています。   other_queue_tokenize_text 登録した文章の中の名詞と動詞と形容詞のみを取得しています。 crawl_list クロールした結果の一覧です。最大20件表示されます。   [title] サイトのタイトルです   [url] サイトのURLです   [percent] 全体の一致率です   [str_count] 全体の文字列です   [meishi_percent] このサイトの文章に含まれる名詞と、登録した文章の名詞の一致率です。個数での一致率となります。   [meishi_count] このサイトの文章に含まれる名詞の数です   [other_percent] このサイトの文章に含まれる名詞と動詞と形容詞と、登録した文章の名詞と動詞と形容詞の一致率です。個数での一致率となります。   [other_count] このサイトの文章に含まれる名詞と動詞と形容詞と、登録した文章の名詞と動詞と形容詞の一致率です。個数での一致率となります。   [string_list] => クロールしたサイトの文章を形態素解析した結果です。すべてつなぎ合わせると元の文章になります。 crawl_ruiji_list クロール結果に対しての類似度判定です。   [crawl_string] クロールしたサイトの文字列です。この文字列をつなぎ合わせると元の文章になります。   [ruiji] target_stringとcrawl_stringの類似度です。数値が0に近ければ近いほど類似度が高いです。   [target_string] => 登録した文章の一部です。最も類似している文章が表示されています。 Array ( [status] => 1 [result_data] => Array ( [queue_info] => Array ( [all_queue_tokenize_text] => Array ( [0] => [1] => チェック [2] => し [3] => たい [4] => 文章 [5] => を [6] => 【 [7] => 文章 [8] => を [9] => 登録 [10] => 】 [11] => に [12] => 貼り [13] => 付け [14] => て [15] => 登録 [16] => ボタン [17] => を [18] => 押し [19] => ます [20] => 。 ) [meishi_queue_tokenize_text] => Array ( [0] => チェック [1] => 文章 [2] => 登録 [3] => ボタン [4] => CSV [5] => 一括 [6] => テキスト [7] => 可能 [8] => 文字数 [9] => 文字 [10] => 調査 [11] => 時間 [12] => 程度 [13] => 秒 [14] => お待ち [15] => 回数 [16] => 制限 [17] => 確認 [18] => 完了 [19] => 通知 [20] => 画面 [21] => ブラウザ [22] => 更新 [23] => 結果 [24] => コピペ ) [other_queue_tokenize_text] => Array ( [0] => チェック [1] => し [2] => 文章 [3] => 登録 [4] => 貼り [5] => 付け [6] => ボタン [7] => 押し [8] => CSV [9] => 一括 [10] => テキスト [11] => 可能 [12] => 文字数 [13] => 文字 [14] => 調査 [15] => する [16] => 時間 [17] => 程度 [18] => 秒 [19] => かかり [20] => しばらく [21] => お待ち [22] => 回数 [23] => 制限 [24] => あり [25] => 確認 [26] => 完了 [27] => 通知 [28] => 画面 [29] => 出る [30] => ブラウザ [31] => 更新 [32] => 結果 [33] => コピペ [34] => でき ) ) [crawl_list] => Array ( [0] => Array ( [title] => CopyContentDetectorの使い方 - 無料コピペチェックツール ... [url] => https://ccd.supersonico.info/Pages/manual/ [percent] => 39 [str_count] => 2870 [string_list] => Array ( [0] => [1] => Toggle [2] => navigation [3] => CopyContentDetector [4] => メニュー [5] => CopyContentDetector [6] => と [7] => は [8] => チェック [9] => 一覧 [10] => CSV [11] => 一括 [12] => 登録 [13] => テキスト [14] => 一括 [15] => 登録 [16] => CSV [17] => ダウンロード [18] => 要望 [19] => ・ [20] => 問い合わせ [21] => 利用規約 [22] => 使い方 [23] => ユーザ [24] => 登録 [25] => ログイン [26] => なし [27] => ログイン [28] => TOP [29] => マニュアル [30] => CopyContentDetector [31] => の [32] => 使い方 [33] => 目次 [34] => ユーザ [35] => データ [36] => の [37] => 蓄積 [38] => について [39] => コピペ [40] => チェック [41] => の [42] => 仕方 [43] =>   ) ) [1] => Array ( [title] => 無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】 [url] => https://ccd.supersonico.info/ [percent] => 39 [str_count] => 3961 [string_list] => Array ( [0] => [1] => Toggle [2] => navigation [3] => CopyContentDetector [4] => メニュー [5] => CopyContentDetector [6] => と [7] => は [8] => チェック [9] => 一覧 [10] => CSV [11] => 一括 [12] => 登録 [13] => テキスト [14] => 一括 [15] => 登録 [16] => CSV [17] => ダウンロード [18] => 要望 [19] => ・ ) ) ) [crawl_ruiji_list] => Array ( [262] => Array ( [0] => Array ( [crawl_string] => Toggle navigation CopyConte [ruiji] => 9999 [target_string] => ) [1] => Array ( [crawl_string] => ntDetector メニュー CopyContent [ruiji] => 30 [target_string] => ■2016-06-19 上部メニューの表示を変更しました。 ) [2] => Array ( [crawl_string] => Detectorとは チェック一覧 CSV一括登録 テキスト一括 [ruiji] => 31 [target_string] => 正しくテキスト間チェックができない現象が発生していました。 ) [3] => Array ( [crawl_string] => 登録 CSVダウンロード 要望・問い合わせ 利用規約 使 [ruiji] => 35 [target_string] => ■2016-02-11 CSVでの一括登録ができるようになりました。 ) [4] => Array ( [crawl_string] => い方 ユーザ登録 ログインなし ログイン TOP [ruiji] => 31 [target_string] => ■2016-03-24 ユーザログイン機能が追加されました。 )

■レスポンス(エラー)

エラーが発生した場合は、エラーのステータスコードが【status】に入り、messageに内容が記載されて戻って来ます。 Array ( [status] => 200 [error] => Array ( [message] => 取得するキューIDが設定されていません。 ) )
文章登録エラー時の対応
登録時にエラーが発生した時の対応です。再実行することできます。
登録した文章がまれに、エラーで戻ってくることがあります。その時は、再実行をすることで再度コピーチェックを行うことができます。この操作はエラーの文章にのみ実行可能です。APIのりよう回数は消費しません。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => '【APIキー】', 'queue_id' => 18670, ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/setRestart?' . http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 30 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■レスポンス(成功)

以下の様なjson形式で戻ります。成功すると、queue_idに投稿した文章のキーが入ってきます。このqueue_idは結果の問い合わせに必要です。 {"status":1,"queue_id":"27044"}

■レスポンス(エラー)

エラーが発生した場合は、エラーのステータスコードが【status】に入り、messageに内容が記載されて戻って来ます。 Array ( [status] => 200 [error] => Array ( [message] => 取得するキューIDが設定されていません。 ) )
今日のAPI実行可能回数、及び今月のチェック可能文字数取得
今日のAPI実行可能回数、及び今月のチェック可能文字数を取得できます。
今日のAPI実行可能回数、及び今月のチェック可能文字数を取得することができます。APIの利用回数は消費しません。API実行回数は毎日0時、残文字数は毎月1日0時にリセットされる様になっています。

■サンプルコード(PHPでのサンプルコード)

$postParamList = [ 'key' => '【APIキー】', ]; // 検索エンジンへアクセスする $ch = curl_init(); curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, 'https://ccd.supersonico.info/UserApiV1/getApiRemain?' . http_build_query($postParamList)); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, false ); curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true ); curl_setopt($ch, CURLOPT_TIMEOUT, 30 ); curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); $result = curl_exec( $ch ); curl_close( $ch ); print_r(json_decode($result, true));

■レスポンス(成功)

以下の様なjson形式で戻ります。成功すると、本日のAPI実行可能回数と今月のチェック可能文字数が返却されます。 month_remainが今月のチェック可能文字数、api_remainが本日のAPI実行回数です。 Array ( [status] => 1 [result_data] => Array ( [month_remain] => 9820 [api_remain] => 5993 ) )
ステータスコード一覧
ステータスコードの一覧です。
■PHPの場合は、以下のコードのまま利用することができます。

// 成功コード
define('API_SUCCESS', 1); // 成功

// 共通エラー
define('API_APIKEY_NOTFOUND_ERROR', 10); // APIキーが指定されていない
define('API_USER_NOTFOUND_ERROR', 11); // APIキーがDB上に存在していない。ユーザが有料会員ではない可能性があります。
define('API_USER_NOT_ENOUGH_EXECCOUNT', 12); // APIキーが利用回数上限に達している
define('API_USER_NOT_ENOUGH_TEXT_EXECCOUNT', 13); // ユーザごとの月文字上限に達している

// 登録系のAPI エラーコード
define('API_ADD_TEXT_NOPOSTMETHOD_ERROR', 100); // post以外で情報が渡されている
define('API_ADD_TEXT_TEXTNOTFOUND_ERROR', 101); // 登録テキストが存在しない
define('API_ADD_TEXT_DELALLLINEBREAK_UNAUTH_PARAM_ERROR', 102); // 改行全削除オプションのパラメータが不正
define('API_ADD_TEXT_VALIDATE_ERROR', 103); // 登録時のバリデーションエラー

// 情報取得系のAPI エラーコード
define('API_GET_RESULT_NORESULT_KEY_ERROR', 200); // キューIDが指定されていません。
define('API_GET_RESULT_RESULT_NOTFOUND_ERROR', 201); // キューIDに紐づく情報が見つかりません。
define('API_GET_RESULT_NOW_CHECKING', 202); // まだコピーチェック中です。しばらくお待ち下さい。
define('API_GET_RESULT_ERROR', 203); // コピーチェック中にエラーが発生しました。再実行をしてください。

// 再実行系のAPI エラーコード
define('API_SET_RESTART_NORESULT_KEY_ERROR', 300); // キューIDが指定されていません。
define('API_SET_RESTART_RESULT_NOTFOUND_ERROR', 301); // キューIDに紐づく情報が見つかりません。
define('API_SET_RESTART_RESULT_NO_ERROR', 302); // 対象のキューIDがエラーステータスではない

// システム系エラー
define('API_MAINTENANCE_ERROR', 998); // APIがメンテナンス中。しばらくまってから処理をしてください。
define('API_UNKNOWN_ERROR', 999); // 不明なエラー
APIを利用するには
有料プランへのお申込みをお願いいたします。

■CopyContentDetector有料版の特徴

★無料版に比べ待ち時間が軽減

★APIの利用可能(プランによって実行回数が異なります)

★CSV/ファイルから登録時にドメインの除外設定が可能

★一回のチェック文字数上限が8000文字(専有プランの場合は無制限)


まずはお気軽にお問い合わせください!


先頭へ戻る